みちくさブログ「体温調節がうまくいかない理由」

はくらく整体みちくさブログのタイトル画像

人は暑いときに汗をかくことで身体を冷やします。ですから水分をとっていっぱい汗をかくことが大事。ではありますが、ここに一つ落とし穴があります。

気温上昇

日本の夏のように高温に加えて「多湿」は蒸し暑く、より汗の量が増えているように感じます。

しかし、同じ気温で汗の量を比べてみると実は湿度が高い時の方が全然少ないんです。

理由は湿度が高いと汗が乾かなくなるからです。肌がベトベト状態になるので、汗をいっぱいかいているように感じるだけなんですね。

またそういった汗だく状態が続くと皮膚がふやけてきます。そうすると汗腺が「汗をかく必要がない」と誤判断して閉じてしまい、今度は暑いのに汗が出なくなります。

人はかいた汗が蒸発する際の「気化熱」によって体内の熱を逃がして身体を冷やしていますから、汗が蒸発しないと身体に熱がこもってしまいます。加えて汗自体も出なくなるわけですから、これはかなり危険です。

水分補給の問題ももちろん重要ですが、ぜひ湿度に気を配って冷房もガマンせず使うようにしてください。特に体温調節機能が元々弱い乳幼児や高齢の方は、外出中だけでなく多湿の室内でも熱中症を起こしやすいのでご注意を。

夏バテ

まとめますと、暑さが厳しい夏は水分を摂って汗をたくさんかくことが大事であり、実際そうされている方は多いと思います。しかし多湿の時は汗をかいても蒸発しづらく、体温が下がりにくいので注意が必要なわけです。

また高齢の方は暑さに鈍感になるため冷房器具を使わない方もいらっしゃいますが、湿度を抑える意味でも微弱でもいいのでエアコンなどを利用するようにご家族にもおすすめしてあげてください。

どうしても冷房が苦手という方や、外で長時間活動しなければならないような場合には、首筋や脇などを直接冷やして体温調節するよう心がけください。

夏 ラムネ

人生には3つの坂があります。

登り坂、下り坂、そしてそう「まさか」です(笑)

早くも梅雨が明けて今年も猛暑になりそうですから、みなさま熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい!

関連記事

  1. はくらく整体みちくさブログのタイトル画像

    みちくさブログ「夏といえば!」

  2. はくらく整体みちくさブログのタイトル画像

    みちくさブログ「次亜塩素酸」

  3. はくらく整体みちくさブログのタイトル画像

    みちくさブログ「3年ぶりに」

  4. はくらく整体みちくさブログのタイトル画像

    みちくさブログ「いよいよファイナル!!」

  5. はくらく整体みちくさブログのタイトル画像

    みちくさブログ「バターコーヒー」

  6. はくらく整体みちくさブログのタイトル画像

    みちくさブログ「五月病は善知識」