腱鞘炎で悩まれてる方に

はくらく整体ブログのタイトル画像

腱鞘炎は筋肉の腱を包み込んでいる鞘(さや)と腱が繰り返しこすれ合う刺激で、炎症が起きて患部が痛んだり腫れたりする疾患です。

腱鞘(けんしょう)がある場所ならどこでも起こりうるものですが、実際は手指が圧倒的に多いです。また指が曲げ伸ばししづらくなると「バネ指」とも言われます。

リウマチや感染症でない限りは、基本的に原因は使いすぎですので安静が一番です。患部を冷やして、重い物を持ったり負担をかけないようにしてください。

数日様子を見て痛みが引かない、また治っても何度も繰り返す場合は治療が必要ですのでご相談ください。

患部の炎症にアプローチする施術も大事ですが、指や手首の問題は意外にも肘に原因が多く見られます。

肘自体には症状は出づらいので放置されがちですが、肘がしっかりとした位置に収まっていないとその先にある手に障害が出やすくなります。同じ作業をしていても痛める人とそうでない人がいるのは、そういった部分にもあります。

試しに肘を伸ばしたまま手のひらを正面に向けてみてください。これがやりづらい方や、肘を曲げたときに肩を触れない方は肘にズレがある可能性が高いので要注意です。

当院は痛みをとりつつ、ぶり返さないようしっかり根本から改善していきます。なかなか症状がとれずに悩まれている方はぜひお試しください。

 

関連記事

  1. はくらく整体ブログのタイトル画像

    四十肩と五十肩

  2. はくらく整体ブログのタイトル画像

    膝の痛み

  3. はくらく整体ブログのタイトル画像

    肩こりをマッサージしない理由

  4. はくらく整体ブログのタイトル画像

    外反母趾の原因と治療のポイント

  5. はくらく整体ブログのタイトル画像

    施術はなぜ優しい刺激がいいのか?

  6. はくらく整体ブログのタイトル画像

    産後の骨盤矯正