腱鞘炎、バネ指で悩まれてる方に

はくらく整体ブログのタイトル画像

腱鞘炎は筋肉のとそれを包み込んでいる鞘(さや)がくり返しこすれ合う刺激で、炎症が起きて患部が痛んだり腫れたりする疾患です。

腱鞘(けんしょう)がある場所ならどこでも起こりうるものですが、実際は手指が圧倒的に多いです。また指が曲げ伸ばししづらくなると「バネ指」とも言われます。

リウマチや感染症でない限りは、基本的に原因は使いすぎですので安静が第一です。患部を冷やして、重い物を持ったり負担をかけないようにしてください。

数日様子を見て痛みが引かない、また治っても何度も繰り返す場合は安静だけでは回復は難しく、きちんとした治療が必要になります。

「治療はしたが良くならなかった」という方は痛む部分に直接刺激を入れられていることが多いようです。

しかし実際は患部とは別の関節や筋肉に問題がある場合がほとんどです。

当院の整体法では、しっかりと根本原因を特定して調整しますのでその場で効果を実感できます。手首や指などの腱鞘炎で症状がとれずに悩まれている方はぜひお試しください。

また、指や手首の症状を放っておきますと肘→肩と波及して五十肩などへ移行する場合があります。痛みはなくても関節の動きの悪さを感じる方や、我慢できるくらいの痛みの方でも放置しますと変形してくる可能性もありますのでしっかり治しておきましょう。

 

関連記事

  1. はくらく整体ブログのタイトル画像

    四十肩と五十肩

  2. はくらく整体ブログのタイトル画像

    姿勢の改善と健康

  3. はくらく整体ブログのタイトル画像

    O脚矯正を受けてほしい理由

  4. はくらく整体ブログのタイトル画像

    頭痛のタネ

  5. はくらく整体ブログのタイトル画像

    膝の痛み

  6. はくらく整体ブログのタイトル画像

    施術はなぜ優しい刺激がいいのか?