四十肩と五十肩

はくらく整体ブログのタイトル画像

いきなりですが四十肩と五十肩の違いはお分かりになりますか?

肩が痛くて痛くて上がらない。。。経験はなくてもそんな方を見かけたことがあると思います。

肩関節周囲炎

実は四十肩と五十肩は同じものです。

正確には肩関節周囲炎と言って40代~50代に多いことからその名が付いたというわけです。

ですから勿論30代でもなりますし、さらに60歳以降の方にも実際は多い疾患です。また、この疾患は名前だけでなく中身の部分でも誤解が多いように思います。

よく「四十肩が一発で治りました!」という方がいらっしゃいますが、一度で治るのは四十肩ではありません。

肩関節周囲炎は”筋肉の怪我”ですので、傷がふさがるにはある程度は時間が必要になります。「痛くて肩が動かない」という見た目の症状は同じでも、施術後すぐに治るような時は単純に肋骨や鎖骨にズレがあって動かなかった場合か、神経のつながりが悪くなっていただけの場合がほとんどです。

本来の四十肩五十肩は”怪我”ですからある意味では自然に治癒しますが、長いと一年以上痛みは続きます。ひどくなると夜痛くて眠れないと嘆かれる方もいらっしゃいます。整体で一度に治すことはできませんが、治癒期間を劇的に短くすることができます。

さらに治療以上に大事なのは、日常生活における腕や肩の使い方になります。よく使う箇所ですからこれを守らないと筋肉はまた傷ついて何度でも痛みが再発します。その辺りをアドバイス通りに気を付けて頂ければ、ひどい状況だった方でも「初回の治療後の夜からよく眠れました」とおっしゃって頂けることが多いです。

また四十肩五十肩になった場合に、肩の動きが固まってしまわないように運動が推奨されますが、怪我した筋肉を痛いままいきなり動かしても良い効果は出ません。それどころか、やり方次第では怪我の”傷”が大きくなって悪化する可能性がありますのでくれぐれも注意が必要です。

運動は回復具合を判断してスタートすることが大事になります。適切な処置をして早期回復を目指しましょう。

 

膝の痛みでお悩みの方はこちらも合わせてご覧ください。

関連記事

  1. はくらく整体ブログのタイトル画像

    外反母趾の原因と治療のポイント

  2. はくらく整体ブログのタイトル画像

    産後の骨盤矯正

  3. はくらく整体ブログのタイトル画像

    頭痛のタネ

  4. はくらく整体ブログのタイトル画像

    O脚矯正を受けてほしい理由

  5. はくらく整体ブログのタイトル画像

    坐骨神経痛(腰から足の痛み)

  6. はくらく整体ブログのタイトル画像

    膝の痛み